TEL.089-948-3000
〒790-0053 愛媛県松山市竹原2丁目8-28
花粉症

花粉症

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
これからの季節は、みなさんの中にも毎年花粉症に悩まされて
い る方も多いのではないでしょうか?
早いもので、今年の4月で鍼灸院を始めて、まる13年経とうとしています。
この花粉症に関しても、いろんなえらい先生方の治療法をためしてみました。
しかし、なかなか効くものは少なく、机上の空論のものも多かった様に思います。 
その花粉症の治し方を自分でやってみて、
今まで一番効果のあったものを、紹介します。
ところどころで、そういう方にお知らせはしてきましたが、
どうしてもお薬を飲んでらっしゃる方が多いと
思われますので、良かったら試していただけたらと思いまして、
「健康情報」に書くことにしました。
もちろん、なんの効果もない方もいるかもしれませんが、紹介します。
まず もぐさ(伊吹山のもぐさが最高級)と線香と灰皿を用意します。
後は、手で揉むことが難しいと思われる方は、コルクのコ-スタ-を2枚
用意します。用意するものはこれだけです!あまり費用もかかりません!
施術は、プロでなくても素人の方でもできます。お灸をすえるだけでいいのです。
市販の温灸は、効きが悪いようです。
一番効果が顕著なのは、  直接すえる灸(知熱灸)です。
すえる場所ですが、1ケ所です。<大椎>というツボです。
場所は、第7頸椎と第1胸椎の間・・・・といってもわかりにくいと思いますが、
頚を前にかがめて、一番高く突出する棘突起が​第7頸椎で、
その下の棘突起が第1胸椎 になります。
頚の骨は、哺乳類のほとんどが7本しかありません。
上から数えますの でその一番下の骨になります。
ほとんどの方が、うつむいて頚の真ん中を下にさわっていくと
一番後ろに出てている骨をみつけれるはずです。
それが​第7頸椎でその次の 骨が、第1胸椎です。
その骨と骨の間が<大椎>というツボになります。
(下記写真の一番上のツボ )
ここに、お米の半分くらいの灸をすえてもらってください!
お灸の揉み方ですが、手のひらにもぐさを少量のせ、
それを人さし指で細くお米の幅   くらいのながひょろい円筒状のものをつくります。
あまり固く揉むと消えるまでに時  間がかかり痛いので、軽くもんでください。
手でするのができない方は、さきほどのコ-スタ-を2枚重ねにして、
その中に  もぐさを入れ、かるくこすっていくと作れます。

そのもんだもぐさを米粒の半分くらいにちぎって、大椎においてください!
置きにくい場合は、ツボを脱脂綿で少し湿らすといいです。
くれぐれも大きくならないようにしてください。

後、線香に火をつけてモグサの斜め上あたりをこするように火をつけます。
上からつ   けるともぐさが、くっついてきますにで、斜め上のところを、
下から上にむけてつけます。
線香の灰は小まめにとってください!
据えられる方は、うつぶせになり横向きにならないで、
まっすぐに額にまくらをすえ  た状態になってもらいます。
気分が悪くならなっければ、座位でもかまいません。
そしてツボを取穴しそこに水性のマジックで印をつけます。
5壮くらいすえて、すえたところ(大椎)の灰を取り除き、
またすえるといった方法  で、30壮を目標に・・・
少なくても週に2回、お風呂入って寝る前にすえてください。
それか午前中・・ お灸の後すぐは、お風呂には入らないように。
ですからお灸するときは、事前に入っておいてください。

すえる回数ですが、1回30壮を10回すえてみてください。 
週に2回  で、5週 すえてみてくだ​さい。
早く効く方は2回目くらいで、症状が楽になってると気づくはずです。
 10回しても全然効果の上がらない方は、中止してください。
がんばってみてください! 恐れず一歩踏み出してください。
なお 多少お灸ですから、痛みを伴いますが、それだけの価値はあると思います!
気分が悪くなったらすぐに中止してください。
瞑眩といってその方にとって刺激が   強すぎると気分が悪くなったりしますので、
しばらく横になって休んでもらったら直  りますので・・・・・・
そして、次回はすえる時、気分が悪くなる方は、すえる灸を半分にしてみてください。
東洋医学の施術は、副作用は、一切ありません。
一緒にはり治療もすればいいのですが、一般の方は、ハリはうつことができませんので。
ですから、みなさんができる花粉症に対しての、
最良の方法は、副作用の無いお灸をすえる事が一番だと、私は思います。
なお質問等がある方は、どんどん書き込んでください! 
わたしのわかる範囲でお応えしますので・・・・
ご健闘を祈ります! 
1830293001_198
<写真の一番 上のツボ が「大椎」です。>

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>